FC2ブログ

天理線へ行く鮮魚

DSC_6094.jpg

DSC_6103.jpg
この日は元々、高松築港への入線がラストとなったことでんのレトロ電車を目当てに三ノ宮からフェリーに乗ってうどんでも食べようかと思っていました。しかし下した決断は関西残留でした。

この日は近鉄で団臨が2本。1本目は鉄道上では唯一となった行商列車として扱われている鮮魚列車。定期の便は常に太陽を背に向けて走る為、順光で撮る事が難しい列車ですがこの日は団臨運用。上六~明星車庫を往復するルートでしたが寄り道しながら行く形で、午前中に天理線へ入線するという事でした。数少ない順光区間として撮ることが出来る天理線内へ。鮮魚が天理線内へ入る事は2回目でしたが、1スパンごとに何人かが固まってるくらい平和なものでした。20分前の現着で立ち位置をパパっと決めて待っていると特徴ある白帯を巻いた鮮魚列車が登場しました。標識灯が交換されている車両にカメラを向けるのはこれが初めてですが、懸念されていた種別灯も辛うじて写ってくれて編成で1枚。そして折り返しは透き通る程の青空と絡めての1枚が欲しく、緑の絨毯とのコラボで折り返しを狙い撃ちました。実はこの時点で鮮魚列車にアクシデントが起きており、次の日から物珍しい形態になって噂されるのはこの時の事でした。それはまた別の記事で。

(それにしても標識灯ダセェ)
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

レトルトさん

Author:レトルトさん
通勤型主体に撮影。他も興味があれば何でも。更新頻度は低くなりつつありますがどうぞ宜しくお願いします

カテゴリ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示