FC2ブログ

上州の古参

DSC_2056[1]
いかにも旧客1両を半分にして3枚窓に取ってつけたかのようなこの車両。高崎の上毛電鉄にいるデハ101は日本の現役車両の中で90年目を迎える半ばおじいちゃんのような存在です。歳も歳で動く時期は貸切除けば限られていますが少なくとも3が日は上毛電鉄の車庫公開に伴い元気な姿を拝むことが出来ます。

この時、引退間際のLSEを各所を巡業で回った年末年始。この日はLSEを撮らずレンタカーを借りて群馬県へ。道中、武蔵野205のバルブを始めEF64のカッターに回ったこの日は吾妻クモヤに立ち寄ってから上毛電鉄へ行きました。にしても意外とニッチなこの路線。それもそのはず。前橋を少し行った僻地なわけですからこんなものを目当てにと言う人はあまり多くはないわけです。ただやはりデハ101だけは狙う人もぼちぼち。そんな私も混じって以前に撮った撮影地のほど近くのところで3枚窓のデハ101を1枚。前照灯を付けない上毛電鉄ですが、デハ101に限ってはライトと正月限定の板付きで登場しました。

そういえばデハ101、阪堺で現役のモ161とは同年代。最近では保存しても解体される車両もありますが、動態保存をする当車もメンテナンスあって動ける環境があるだけに予断は許せないですね。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

レトルトさん

Author:レトルトさん
通勤型主体に撮影。他も興味があれば何でも。更新頻度は低くなりつつありますがどうぞ宜しくお願いします

カテゴリ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示