FC2ブログ

新緑を行くLSE

CSC_0342.jpg
過去写真でお茶濁し。

去年はLSEが引退を迎えた月でした。以前にゴールデンウィークで関東巡業の真っ只中、LSEの遠征にという事で関東に行った年でした。以前に紹介した渋沢チェックメイトの俯瞰。そういえばこの名前ってなんでチェックメイトのかと言うとこの先に通じるゴルフ場の名前が「チェックメイト」だから皆してチェックメイト俯瞰という訳です。この俯瞰は大きく切り取りすぎると列車の存在感が失われ、豆粒過ぎて風景写真を撮りに来ただけになってしまう為、私はカーブを描いたところで切り取ろうと考えていました。

今回はどうしても2台あった方が良いかなという結論に至り、遠征前に急遽仕入れた自由雲台を使い2丁切りでの調整していました。しかしこの時の周りの三脚の立て方を見て私はビックリ。私だけはご律儀に三脚座を使っているのに、周りの同業者といえば三脚座を使わすにニッパレンズが並ぶ光景。私がおかしいのかなぁとか思って呟いてると異口同音に「マウントが折れるやろ」との声。その立て方をしてマウント事、カメラがもげても自己責任なので知らないのですが、何十万もするレンズとカメラを手にしてるんだからちょっとは大切にして欲しいなぁという感想でした。

こんな事を思いながら小一時間、木陰で休んでいると15:00前にLSEが通過。慣れない俯瞰でしたが新緑が美しい季節に走ったLSEを切り取りました。
関連記事
スポンサーサイト



青雲号

DSC_3699.jpg
最近、地味に撮りつつあるのが路面電車。

特に関西でレトロな雰囲気を色濃く残すモ161型ですが、今は色取り取りのカラーを纏い走り続けています。中でも注目なのは阪堺電気軌道の初期の頃に出てきた青雲号の姿。164号車は中でも現行の青雲号から初期時代の青雲号に変わり今までの姿とは一変しました。昔は立石電機の広告車として走っていましたが今回は阪堺の宣伝という粋な計らいの元で走っています。

この日はゴールデンウィーク最終日。初夏を感じる暑さで走っていましたが、住吉大社の付近には天皇陛下御即位の提灯があり、人並みと絡めて1枚。曇っていたので丁度、人並みに紛れて走る縁の下の力持ちを撮影。晴れて撮る事が基本ですが、曇りでも撮り方次第では生えるものですね。
関連記事

あれから1年

DSC_8679[1]
丁度1年前の10月5日、103系で最後の初期型であったNS401が廃車回送されました。

103系といえば昔は色々なバリエーションが富んでいてさらに数も総数でいうと3000両近い数が最大で製造、改造で生まれ全国区で多かったわけです。しかし数が少なくなればその注目は瞬く間に変わり、一時は最後の初期型の103系に何十人も集まったんだとか。今では車両のやり繰りの兼ね合いで奈良区には2編成の103系が残っていますが、そうなる前の段階で話を聞いていた私は少し暇があれば追っかけていました。その中でも気になってはいながらも、レンズが足りなかったりそもそも暗所に弱いところでノイズばかりになるなぁと敬遠していた場所。1年の歳月をかけて変えた機材で揃えたんだから最後の機会にと思い立ち、暗闇に浮かび上がる一灯型を後ろから見送りました。

この1ヶ月後、NS401は吹田へ廃車回送。その日は夜勤勤務明けで疲れていた事もあり、見送る形は取れませんでしたが、写真のNS401も含めて各所で色んなところで撮っていたなぁと振り返る今日この頃です。あと2編成いる103系も205系に混じって走っていますが1日でも多く走って欲しいですね。
関連記事
プロフィール

レトルトさん

Author:レトルトさん
通勤型主体に撮影。他も興味があれば何でも。更新頻度は低くなりつつありますがどうぞ宜しくお願いします

カテゴリ
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示