FC2ブログ

スターターキット ¥1000-から

DSC_4155.jpg

DSC_4417.jpg

DSC_4477.jpg
とある頃を境に大車輪の活躍を見せるサロンカーなにわ。今では個人団体や旅行会社のおもちゃではなく貸切に引っ張りだこなこの車両。5月の中旬、お召車両関連にて京都鉄道博物館に展示されるとの事で何枚かまとめてみました。

最初の送り込み。
聞いた当初、夏だから何処も彼処も面が当たらないというなんとも撮り鉄泣かせな時間でやってくるらしく、考えに考えた末に流し撮りしてやろうという結論に。島本駅傍の道から何本か練習撮りをして流したカットが連結面。今じゃこんな1,2両だけの配給紛いはないからいいのですが、もう少しシャッタースピードは落とせたし連結面って流したらほんとに微妙。展望車だとたかくくったらこうでした。まあ運転手も窓開けてるし初夏らしいのかな?

展示
どうやらテールサインがお召の時に使われたものを出すらしくこれを眺める為だけに鉄博へ。色々な角度から見ましたが写真的にはこれだけ。

返却回送
またもや午後設定。これなら日は高いけど撮れるという事で高橋川踏切より北側に行ったところで待機。知り合いとたまたま遭遇し、いかにもプラレールで売っているスターターキットのような組成で登場しました。お値段は¥1000-からですかね(笑)
関連記事
スポンサーサイト

遅66レ EF66-27

DSC_5100.jpg
6月というのは梅雨だから雨が多い!というイメージを払拭するかのように去年は掌返しのような晴れのオンパレードを見せましたが、今年は去年のような晴れ続きとならず、あっても1~2週間に1回は晴れが来るといういつもの梅雨らしい天気です。この日は関東に移動中「どうせ晴れねーんだろ?」とか思って確認してみると翌日の朝、神奈川から以東は季節外れの晴れ予報に変わりました。これには黙っていられず、昼から東京で予定が入っていた事を考慮しながら翌朝の被写体はないかと考えているとEF66-27が日曜にいいスジで関東入りするという事でした。分かった以上は即座にレンタカーでの予約を進め、前日の晩に借りて、仮眠後西湘バイパスをひたすら西に向かって走る事になりました。

しかしここでアクシデントが。なんと他の貨物は定時で来ているのにも関わらず、広島地区の沿線火災と岡山地区の人身事故で東福山スタート時点で2時間遅れで上京してくるとの事。当初予定していた撮影地は諦め、真鶴駅傍の駐車場から撮る首振りで陣取ることにしました。結果として遅延は4時間にも及ぶもので、真鶴の駐車場で仮眠を取ってようやく10:00前にEF66-27を撮る事が出来ました。このあと当列車は旅客迂回をしたそうですが、ヒサシが照り返し何処も彼処も面潰れの写真ばかりでここがギリギリ撮れる境界線だったようです。

ただ最初はレンタカーを借りて当初の撮影地で引き上げたらさっさと返す予定なだけに、帰りは延長料金と高速代が高く響く結果になりましたが広範囲に動くEF66が撮れただけでも大きな収穫でした。
関連記事

セカンドシーズン

DSC_5152.jpg
先日、王子公園で撮った8000系のエロ光で迎え撃つカットを撮りましたが見ての通り、首を振っているのがポイント。午後の撮影地自体がそこまで無いことも相まって、よく撮影者が集まりますが後ろから撮るという事を選ぶ人はあまり見ることがないこの王子公園。超望遠レンズ1本あれば撮れるのではというまあ単調的な考えでもう一度行くことになりました。前に目をつけていただけある為、実はこれが初めてでは無いわけです。

しかしこの日は全くそんなの撮るつもりはなく、逆に宝塚線の8000系を撮ろうと考えてました。しかし撮影地に近づくにつれ、ゲリラ雲が接近してくるではないですか。神戸三宮の方はライブカメラを確認する限りでは晴れているという事で宝塚線を諦め、本チャンの特急1本前の電車で乗り継ぎ、王子公園へ行きました。平日なのにも関わらず、先端には8人ほどが列を成す駅先とは打って変わって縦アンは私1人。

構図を3分で整え置きピンをしてる暇はなし。ここはAFを信用して上り特急が入れ違いざまに8000系が登場。復刻イベントではよく見慣れたヘッドマークを掲げ通過していきました。検査明けで替えられた更新クーラーも含め、綺麗な姿を撮るというのは久々。これを撮り、仕事に行きました。
関連記事
プロフィール

レトルトさん

Author:レトルトさん
通勤型主体に撮影。他も興味があれば何でも。更新頻度は低くなりつつありますがどうぞ宜しくお願いします

カテゴリ
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示