FC2ブログ

石橋最上段俯瞰

DSC_1420.jpg
三島二日市ストレートの後はどうやら車で東海道線の俯瞰に行くとの事。午後の東海道線で踊り子を撮る俯瞰となれば撮ってる人にはお馴染み、石橋俯瞰です。「富士山を綺麗に撮れる日は今日だけやぞ」という知り合いの言葉はそっちのけ、水平線を綺麗に望むこっちが寧ろ好都合。箱根駅伝で物言わす箱根の峠道を小一時間爆走するとあっという間に、以前LSEを極めた風祭を過ぎ、住宅街を縫って石橋最上段俯瞰に辿り着きました。崖から撮るアングルもあれば、小さな空き地を利用する2択。着いた時の海の広さには凄い感動しました。

もちろん、こんなに晴れていれば一日中、雲が湧く日がないのが冬の関東。あっさりとストライプの踊り子を難なく頂くことが出来ましたとさ。
関連記事
スポンサーサイト

伊豆箱根カラーの新101系

DSC_1335.jpg
田京俯瞰を去ってからお次は踊り子109号を狙いに三島二日町のストレートへ。実は田京俯瞰に行った際、偶然にも知り合いと遭遇。三島二日町のストレートに行くという事で意見が合致した為、ここから便乗しました。にしても被写体不足なのか来てみるとここにも踊り子狙いの人でいっぱい。引退と言ってしまえばいつもお馴染みなことですが。

いつも通り下らない事を考えながら構図を確認しつつ、その間に来る伊豆箱根鉄道の通勤車にもこの日は目を向けていました。そのうち練習電で気になったのが西武の新101系の伊豆箱根鉄道カラー。イエローパラダイストレインの名でもう1編成、新101系が走っていますがそのもう片割れ。田京俯瞰では他の伊豆箱根カラーに紛れ、分からなかったのですが一目で分かる撮り方をすれば「あら、いいじゃん」。元々いた元西武の701系を置き換えたのが皮肉にも同じ西武の新101系ですがご当地カラーでもお似合いなもんです。既に新101系と言えば関西の近江鉄道にも同じものがいましたね。最近では近江鉄道のあかね号カラーversionも出てきたりと第二の人生を歩む路線ではバリエーションが多く楽しませてくれそうです。

そんな私の今年の目標といえばこういった地方私鉄を撮っていく事。第二の人生を歩む車両も思えば箱庭のローカル線のような感じがして好きですね。さて次はどこの地方私鉄に行こうかな。
関連記事

田京俯瞰

DSC_1332.jpg
皆さん大好き流行りの被写体。昔も今も悪い訳では無いのに今じゃ中国バリのパクリの影響もあってかあんまり好まれない傾向にあります。
が、今回は撮りたいので撮ってきました。日帰り踊り子ツアー。もちろんこれが初めてではない185系の踊り子。馬入川の踊り子も仕留めているし、LSEでまともに撮れる場所が無かったり、そもそも動かない日にはすぐに転戦が出来るので優先順位からすれば低い方でありました。が、被写体事情が変われば話は別。去年の10月にLSEが引退した事により神奈川の方で残すは江ノ電305かこの踊り子くらいとなったわけです。そんな今回、全く足を踏み入れることすらしなかった区間、伊豆箱根鉄道にやってきたわけです。
最初のうちはどこに行こうか迷っていたところ、伊豆箱根鉄道に行こうという誘いに乗り、朝には根府川から見える日の出を眺めつつ、三島まで。この日午前中行くアングルは修善寺に近い田京の空地俯瞰から。来て早々にショベルカーが邪魔だとほざくものの、遠いところから来た以上は帰るわけにもいかず、1時間弱滞在。綺麗に晴れた富士山と青空の元、午前中に下ってくる修善寺行きを捉え、別の場所に移動しました。
関連記事

スナックカー+あおぞら

DSC_1138.jpg
団臨専用車として在籍するあおぞらⅡ。時たま、惰眠をする高安を抜け出して東花園への回送があります。この日、特急の運用に就いていた2連車のN54が夜には運用調整の為、東花園へ行き、PN05と連結するとの事で見に行きました。

あおぞらだけだと異種併結の運用でもあまり聞かないものですが、スナックとの組み合わせは団臨以外で東花園からの回送では2年振りなんだとか?綺麗に揃った菱枠パンタに滅多に組まないスナックカー。3連休最後の夜に面白い組成を見せてもらいました。
関連記事
プロフィール

レトルトさん

Author:レトルトさん
通勤型主体に撮影。他も興味があれば何でも。更新頻度は低くなりつつありますがどうぞ宜しくお願いします

カテゴリ
カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
月別アーカイブ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示