FC2ブログ

はさかけ

DSC_9246[1]
これもはさかけっていうんですね。

NS404最終日はそうとわかるカットを失敗して、このはさかけと絡めるカットは行けそうという事でこれだけ撮って撮影はお開き。その後は営業車でのラストランを最後まで乗り通しましたけど最後の京都駅と入庫回送だけに三脚の山。・・・こうならないように普段から撮っててよかったかもしれないです。
関連記事
スポンサーサイト

モーニングウェイ

DSC_6941.jpg
10月13日のさよなら運転を以て小田急線上から退役するLSE。

アイボリー塗装、連接台車と昔いた古いSEシリーズではほんとによく生き残った車両でした。本来は千代田6000系を狙っていましたが、小田急直通をしなくなり、その上、日中の運用にすら顔を出さなくなった事に見切りをつけLSEに狂ったかのように上半期は追い続けました。そんな今年のダイヤ改正では遂にLSEも運用変更の上、平日に滅多に顔を出す機会もめっきり減ってしまいました。

そんな中、ゴールデンウィークに関東に上京した2週間後にとあるイベントに参加していた私。ちゃっかり機材も持ち合わせての参加であり、仕事があった次の日の昼まではなんとか自由に過ごせるなということでなにか撮るものがないかなと漁り続けているとその数日前に柿生で人身事故でVSEが運用離脱したとの事。ちょうどVSEに乗る予定がEXEαであった事で発覚し、ホームページを開けば今期改正で設定されたモーニングウェイに入るということ。知り合いと酒を飲み交わしたあとは、撮影地近くのネカフェで夜を明かし翌日はカメラの砲列を横目に後ろからバズーカで待機。最初はもやっていた天気も10分前にはギリギリ日が上がったタイミングで特急幕を掲げLSEが登場しました。

ゴールデンウィークのLSEが最後になると思っていただけにモーニングウェイによる一枚は今でも印象に残っています。
関連記事

何かを残せる列車に思う事

DSC_5977[1]
近年ではブルートレインが全滅し、最近では客車や電車を改造したJT、ジョイフルトレインが年に逆らえずして次々と廃車の一途を辿っております。

それでもしぶとく残り続けるジョイフルトレインもまだまだいます。大サロことサロンカーなにわはその代表的な例ではないでしょうか。経年劣化により去ってしまったあすかを除けば西日本では唯一のジョイフルトレイン。私はお誘いを頂き、2度乗った事があるサロンカーなにわですが今となっては旅行商品のパッケージツアー、団臨と幅を利かせて気軽に乗ることが出来ます。

話は少し変わります。私は客車は乗れても寝台特急のようなそんな経験は全くと言ってありません。それは「数年後にもブルートレインなんて乗れるよ」と気安く言われ続けていた何十年も前。この言葉は私の親戚からも実際に言われ続けた言葉でした。いつかああいう列車に乗ってそんな旅をしてみたいと憧れの存在であり、私は律儀にその歳まで来てしまいました。(乗りたかったらそれくらいの資金を貯めてさっさと乗ればよかったのにというのは触れないでおきます)
今を見返してみると、代名詞となったブルートレインのような寝台車はおろか寝台特急は定期で走ることは無くなりました。ただし世間上では全く語られていなかったこういう列車が、鉄ちゃんの世界では今や台風の目となる事が多くなった風に思えます。
これを機に言いたいことは

形あるうちに機会や縁があれば乗ってみる方がいいという事です。

言葉は変えても「数年後にジョイフルトレインなんて乗れるよ」という言葉は当然だとは思いますが、一般人の方には勿論、この世界では通じないです。それでも寝台車に乗ることは出来なくても、歳を重ねて思うことは「あの時、あの列車に乗れて、色々な思い出が出来た」と思える機会はほんとに少なくなったなと感じます。今あるうちに乗るチャンスがあれば乗ってみる事をちょっとオススメしたかった、それだけでございます。

あ、今回の写真は過去の大サロからのスナップの一枚です。久しぶりに大サロ乗りたいですね。
関連記事

2周忌

DSC_0113[1] (2)
短い電車も繋がれば滅多に見ることのなかった併結の姿へ、そして普段走らないまほろば地域にオレンジが走っていったかつての日々。

最後のウグイスの併結運用であった42A+51Aならびに森ノ宮支所17Mの快速運用の消滅。あれから今年で2年。あっという間に時間が過ぎ去った。そんな風に思います。快速運用が無くなってから運用が削られ、今年になって103系が205系との世代交代が始まり、本気で追われる立場になってしまった奈良支所103系。写真を見返すとやはり繋がっていた時の姿がやはり華型のような存在でした。
関連記事
プロフィール

レトルトさん

Author:レトルトさん
通勤型主体に撮影。他も興味があれば何でも。更新頻度は低くなりつつありますがどうぞ宜しくお願いします

カテゴリ
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示