FC2ブログ

ジャンパ側の魅力

DSC_2229[1]_convert_20160618234358
103を残すのもこの関西圏と九州だけという中ではジャンパ栓がある方が中には撮りにくい場合なんてこともあります。

もちろん奈良線も例外ではなくこのジャンパ栓がある形は基本夏の朝夕のみ。中では狙いを定めて撮る中では最近緑となって出場したNS414、コチラの晴れカットを手堅く頂こうということになりました。前日twitterを見ていると関西の天気予報士がツイートした内容では午前晴れ。さて時間もあるならこの梅雨宣言の中では貴重な晴れ間を大いに生かせるチャンス。そうなれば朝にジャンパ栓側を撮ることが出来るストレートに足を運びました。さてこのツイートを見て当日はまさに午前は晴れとはいってもやはり雲もそこそこあり晴れるかどうか狙い目としては微妙なところ。とりあえず構図を決めて待つか、なんて意気揚々に挑むも練習電であっても曇ってしまう始末。しかし通過5分前に急に露出は回復し行けると踏みそのまま曇らずに頂くことが出来ました。このNS414のTc103-135は青に塗り変わる前に頂きたかったわけですが納得のいくカットとはならなかっただけに早く頂きたいと思っていた中で、早速頂けただけでも御の字だったのではないかなと思っております。
にしてもジャンパ栓のあるとは言っても存在は知っていてもそこまで気にする程でもありませんでしたがその話が出てきてから少しは目を向けるようにはなりました。まあある方でもやはり変わってくるものだと実感。ちょっとゴチャゴチャしていても様になっているものですね。奈良線内では割と撮りにくいこのジャンパ栓のあるスタイル。このNS414のみならずにバンバン撮っていきたいものです
関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

レトルトさん

Author:レトルトさん
通勤型主体に撮影。他も興味があれば何でも。更新頻度は低くなりつつありますがどうぞ宜しくお願いします

カテゴリ
カレンダー
05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示