FC2ブログ

復刻塗装7037F

DSC_3088[1]_convert_20160406022300
今回は過去モノより。と言っても何より珍しいのはテーマは南海です。
もう片扉の通勤型7000が引退して半年以上経つものなんですね。そんな7000は元よりは撮れればいいなという思いの中、知り合いが撮影地を教えてくれるということもあって目星はつけてはいたもののアルバイトや資金面でとても苦労を強いられ気づけばHMがガラリと変わり復刻塗装に戻った7037に準じたHMに変わりタイムリミットまでの時間がもうすぐそこまであった為に大慌てで運用を追っかけたことを今でも覚えています。
やっと狙い目の運用と休みが重なったが定期前引退2週間前でした。ネカフェに籠り南海の始発でいざ出発し眠りから覚めればやっと最寄駅。撮影地まではなんとも長い道のりとは言え行くまでが途中からまるでジャングルのような入り組んだ道を向かって行くため着いた頃にはあまりにも足がかゆかったです。さて立ち位置を見てみれば海バックと絡めるも良しでしたが個人的にはあんまり被りつくのも納得がいかず結局、一番サイド寄りから撃つことを決行。吟味していれば時間もすぐに経ちまもなく復刻塗装の7037の登場。先行が遅れていた為、ずっとかっ飛ばしていたサザンよりも遅いスピードでの登場でなんとか事なきを得ました。
結局、先にも後にも日中の走行写真の7000はバイトの関係も相まってこの1枚限り。撮りたかった場所はあれどなんとか晴れカット1枚を手にしただけでも良かったです。
関連記事

カラシ、ビル群を背に

DSC_1291[1]_convert_20160322024102
関西に帰ってきたその日は爆睡。その次の日も昼まで爆睡していました。まさにテーマに沿ったような爆睡率。
さて目が冴えて起きてみればもう昼過ぎでした。この日はクリアーなまでに晴天模様。こんなに晴れていれば流石に家にいるのももったいないくらいでした。しかしながら流石に撮ろうにも起きた時間も悪く何を撮ろうかと暗中模索状態。調べていればふと目に飛び込んだ75レにEF65-2127が入るというわけでこれで撮るものは決まり。意気揚々に撮影に出かけ個人的なブームの白のひとときのカフェオレを買いいざ撮影地に来てビックリ。休日と言うこともあってかかなりの盛況ぶりでした。個人的にはビル群を背に編成はぶった切って撮りたい為にその場所は空いているか心配でしたが多さとは真逆に偶然にもその場所は空いておりさあセッテングをしてスタンバイ。
日が暮れてきたころにようやく独特の貫通扉の2127がビル群を背に向かって走って行きました。普段ならば下りの普通やのぼりの快速が裏被りする可能性のあるこの撮影地。この日は数秒の差で75レの方が早く通過していきました。
今季の貨物の改正ではPFの運用も弄られ東北本線での運用が無くなった分、次々に落ちる釜も続出。人気の高かった青プレ原色は改正前に運用を離脱しまた特色ある釜が居なくなりつつある中、走り続ける2127。また関西に顔を出してくれることはあるのでしょうか
関連記事

新製MSE喜多見駅先

DSC_1218[1]_convert_20160402030546
この日は曇りのち晴れ。知り合いから復刻に戻った東急1017Fがどうも出場するようなので都心にいた私は小田急を使い早速向かっていくことにしました。道中で6108Fが撮れそうかなと思い喜多見駅先に行きかけの駄賃のような感じでやってきました。先着1名、挨拶するな否や10分後に落成したMSEが通過するらしくもう新宿を出た時刻。知り合いから前回自分が行った日にこのMSEの紹介をしていた為、この機に狙ってみることにしました。前にLSEを撮った時とは構図を少し変え望遠を使ってクロップします。間もなくすると新製間もない姿を象徴する灰色の機器の新製仕立てのMSEが通過していきました。パンタから何から何まで灰色の姿。割と綺麗な姿を撮ることはあまりない自分にとっては少し新鮮身を感じるような撮影でした。
その後、6108Fは既に側面がないことがわかりスルーし東急に向かうも1017の出場は3両だと思えば4両での通過でケツ切ってしまう結果。うーむ、不覚だった・・・。
関連記事

東北貨物、国鉄機の終焉

DSC_1151[1]_convert_20160401004928
いつの間にかグチャグチャになっていたわけでどうしても更新しておきたい欲があったせいか時系列がかなりグダってますがご了承を。
カシオペアのあとは宇都宮線、黒磯口の4+4の205の8連を撮るべく蒲須坂に向かいました。撮影地に到着と共に練習電がすぐに来てしまい過去画像から構図を組むも結局構図はハチャメチャになり撃沈。しかしながらそのまま残留することになりました。何故ならばゼロロクがどうも上ってきているらしくついでに撮るかと言うことで残ることになりました。ほんとなら先にわかっていたロクヨン原色の3075レに転戦も良かったがコッチをチョイスし4+4の205の20分後に颯爽とゼロロクが登場しました。荷の乗りも中々良く久々の東北朝練は何とか無事に終えることにしました。
そしてダイヤ改正後、EF64始め、65,66は黒磯駅の交直流による交換が廃止されたことを受けEH500による運用統一により事実上、東北本線に入らなくなりました。貨物も国鉄機の衰退の2文字を着々と感じるようにやはり思ってしまいます。
関連記事
プロフィール

レトルトさん

Author:レトルトさん
通勤型主体に撮影。他も興味があれば何でも。更新頻度は低くなりつつありますがどうぞ宜しくお願いします

カテゴリ
カレンダー
03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示