FC2ブログ

台鐵ラッピング、夜のウィングへ

DSC_1189[1]_convert_20160330015607

DSC_1199[1]_convert_20160330015653
いつだか始まったブルーラッピングに台鐡の友好鉄道協定1周年として台鐵の普快車のラッピングが施されました。
結構目を引くラッピング、警戒的なスカートに横から見るとまんま台鐡の客車と比べてもあまりにも似過ぎているのではないかと思えるようなそのクオリティには純粋にカッコイイだけでは言い表すそれ以上の魅力に惹かれました。いつも関東に行けば撮ろうと心決めている千代田の運用を差し置き、朝は運用かみ合わず行くことが出来ずちゃんと拝めるようになったのは夜からのウィングに充当される前の回送になりました。実際撮ってみればやっぱり手を加えられた奇抜な姿は一般の方も目を惹くほどに程に厳つかったです。そんな本運転のウィングは横浜通過をパチリ。本数が過密で乗客が引いたと思えば3分もしないうちに列が形成され待ち続けます。やはり引きつける存在とは言え最後だろうと思いしっかりとその目に焼き付けました。
期間上見られるのは先にも後にも最後だろうと思い帰ったその数日後、公式で延長宣言がなされこれでまた行った際にまた狙えるチャンスはもしかすればありそうかもしれませんね。
関連記事
スポンサーサイト

上野入線

DSC_1223[1]_convert_20160329025623
朝練をして以降、すぐに北海道に渡りは戻ってくるということでこの日は曇り予報であったので朝風呂をして行く当てもなくゴロゴロしていると上ってきているということもあり定期廃止前最後に自分でその目で見ることが出来るラストチャンスということもあり上野駅に。
やっぱり定期廃止前。人数は到着が近づくにつれ多くなってきます。13番線の先端はモノの見事に到着前にはテレビでラストランを見る時さながらの多さになりました。中々の多さの数なためにその多さと絡めても良かったわけですが上野13番線手前をクロスしてに入ってくる構図は割と好みなわけで最後はその構図でカシオペア定期寝台を納めることにしました。
昔は盛大な本数を誇っていたものの「速さ」と言う点では歯が立たなくなり機関車が先頭に立つ姿も定期ではコレが最後。そして永年続いてきた上野発の夜行列車も消滅する結果に至りました。「ゆっくり旅を楽しむ」。そんな概念はあまりなくなったように感じてしまいます。やっぱり時代なんだなと今日ふと思ってしまいます。
関連記事

東北客レ最後の朝練

DSC_1148[1]_convert_20160326121117
9月に軽く撮ってから月日も流れ狙えど狙えど行く機会に恵まれる機会がなくとうとう、3月になってしまいました。
自分の中で精いっぱいやれることはやっておきたいと思い何かと悪あがきの如く日程は組むも崩すの繰り返し。このまま撮れないかなと思いまたもやイベントを挟んででの関東遠征。この日の「北関東の天気は・・・」と見ていれば1週間前から晴れ模様でした。結局予報は全く変わらずこの時点で行くことを決行しました。
翌朝撮影地に到着するなりちょうど知り合いと合流。最初は夜明け後、雲が湧いていたみたいで肝を冷やしましたが間もなく雲は消え去り構図をセッテングし待ちます。天気は良好、条件も揃い7時半前ついにゆっくりとその姿を現し通過していきました。東北本線での亡き北斗星と共に朝練の被写体として走って北斗星が消えて以降単独ながら走り続けたのも改正前晴れた条件はこの撮った日がどうも最後になったようでした。
関連記事

流星

DSC_3379[1]_convert_20160323014927
この日は曇っていたのもあり上野でカシオペアを出迎えることにしました。
実際に後に人が混むとじっくり撮れなくなるのも多々あるのは事実だったので特徴的な部分といえば客車以外にも牽引機も。寝台列車の牽引機としての証明ともいえる流星のマーク。北斗星にももちろんこの銀釜にもコレは同じくあります。個人的には無い姿もまたいいわけですがこのシンボルマークとして付いている姿もまた宜しいと思っていました。
今じゃ北斗星で牽引したEF510は吹田や広島で無念にも剥がされ貨物機として運用をこなしているようです。本運用離脱後とは言えもしかすれば剥がされる未来をを辿るのかもしれないと思えば後々に貴重なワンシーンなのかもしれませんね。
関連記事

終焉、定期寝台

DSC_3133[1]_convert_20160322013316
3/21、ついに寝台特急カシオペアが青函トンネルの整備に伴う運休により1週間早く運行を終える形になり更新する日では昨日ついに上野駅に到着し定期寝台としての運行が終わりました。
実際乗りたいとも思い、撮りたいとも思いながらも昔は勢力を誇ったブルトレを始めとした寝台列車も近年では北斗星の文字も一緒に並び走っていましたが北斗星は8/22で完全廃止。そのカシオペアも今後はクルーズとしては残るそうですが定期では完全に終了し一般的に見ることが出来る寝台特急は居なくなってしまいました。結局のところの結論を言うと個人としては撮ることは叶っても実際、乗ることには叶うことが出来ませんでした。昔は「大人になったらいつかは乗れるよ」なんて言う言葉をかけられましたがそう簡単なものではないんだなと痛感させられる次第です。
そんな中でやはり魅力的な被写体だったためどうしても撮りたかった身。半年前久々の関東だった為に上野駅に訪れるとカシオペアが止まっていました。フラフラと歩いているとバッタリとこのカシオペアに乗る知り合いと出くわししばしの談笑。この直前にこのカシオペアの定期運行の廃止は告げられてはいた為、それなりにいるのかなと思っていたら拍子抜け。つい半年前は疎らになっていました。出発時間まではまだまだあるので乗る人も思い思いに撮影をします。この時は案内板も隣に北斗星の文字がうっすらとあり絡めることが出来ました。
しかしこの訪れた3ヶ月後、この文字はあっさりと消えてしまっていました。
関連記事

都営車、最終表示

DSC_0817[1]_convert_20160310012236
今日はバルブしたカットから一枚。
以前にも紹介した10-230F。2月中(正確には3/6までHM)はHMが付いていた為、狙い時とはいえ自分には遠い存在。もちろん昼間の写真が撮れることが越したことにはないのですがこううまくはいかないものでバルブの写真からといってもその日はまさかの運用に充てられました。
都営車の最終表示は岩本町行き。その前が大島行、瑞江行、とカウントダウンするように終わりますがその最終に10-230Fが充当。流石に「行こう」という気になりバルブしに笹塚まで。やはり1日1本の運用と言うべきだけあり撮影者も2,3名はいました。決して長くないとは言え少しの記録でも後にこんなの撮ったなぁとなるのかもしれませんね
関連記事

佇む

DSC_0896[1]_convert_20160306023215
自宅でゴロゴロしているのもんだったので気分転換に軽く向けてみるなんてことをしていたらいつの間に夜になってました。
そういえばスカイブルーが奈良電車区にやって来て2年が経とうとしています。この2年間で大勢力と言えるウグイスといくらすれ違い幾度となく並ぶ機会は多々。2年もあれば本当に数えきれないくらい並びこれがn回目です(本気で数えてたらエライことになりそうです)
スカイブルーとウグイスって傍から見れば都市圏の山手線と京浜東北線でのラインカラーのイメージが今でも浸透しているせいか否応なしに並べば車両次第ではガラリと昔の光景に様変わり。今でこそ見られる一つの光景ですね
関連記事
プロフィール

レトルトさん

Author:レトルトさん
通勤型主体に撮影。他も興味があれば何でも。更新頻度は低くなりつつありますがどうぞ宜しくお願いします

カテゴリ
カレンダー
02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示