FC2ブログ

照らす一角の中に

DSC_1434[1]_convert_20150319125158
皆が寝静まった夜、工臨としての本職を終え宇治駅で待機するDD51のPP。まだ日も明けぬ中、出発の時までそのエンジンを響かせ尾灯を照らします。夜としての主役の長い長い休憩です。線路を輝かせながら一角にはDD51。そんな夜のノスタルジックな光景です。
関連記事
スポンサーサイト

夜の大屋根の元に

DSC_1823[1]_convert_20150419233431
昨日583が天理臨での運転で来阪とのこと。
今回より24系が北陸を経由して来ることが出来なくなり東海道線経由での新ルートでの形での来阪となりました。そんな夜の事、583が出るとのこと。少しばかり見物しに夜の京都に。
大きく開けた駅ビルの元、天理教者を乗せこれから帰郷。最後の583とあるだけに思い思い撮る人。これから乗り込み帰郷までの道のりを楽しむ人。上から見てみると乗客の多さも同時に分かりますね。そんな思い思いの数分間はあっという間に過ぎ583は闇に消えていきました。
関連記事

5ドアの日中準急

DSC_1814[1]_convert_20150418213535
京阪にいる5ドアを持つ5000系。
平日は朝の通勤ラッシュのため5ドアが盛大に使われますがそれ以外は5ドアの内の銀色のドアの部分のみが椅子で閉鎖され実質は3ドアとして使われる面白い列車です。そんなことかその5ドアという点で運用が独立していて普通はラッシュが終わるとそそくさと萱島のローカル運用に就くか日中は寝屋川で寝ているか普通運用に就いてるかのどれかになります。
そんな5000も行楽ダイヤでは7連が準急枚方市行きに出ることが多くなるため運用が独立するも普段では見ることが出来ない日中準急としての姿を見ることが出来ます。そんな5000も普段入らない準急との幕を見ると運用上ではないのですがどこか普通に走っているかのように見えます。でもそんな普段では見ることが出来ない一面をこの行楽ダイヤでは見ることが出来ます。やはりどこか様になっているのかもしれませんね。定期運用にならないかな?w
関連記事

大カーブを往く洛楽

DSC_1818[1]_convert_20150418213859
春、秋、年始になれば多客対応のために行楽による特別ダイヤになるため京阪では洛楽が走ります。洛楽自体は年始はつい1,2年前に出来ましたが春、秋に関しては3年も前からあるため行楽ダイヤになれば定番になっています。
数日前、知り合いと話していると「久々に洛楽撮ろう」ということになり久々に洛楽を撮りに朝から出撃しました。朝は私がまさかまさかの寝坊したせいで2本ほど大損し本格的に撮れたのは午後からの八幡の大カーブでの洛楽のみとなりました。そのうちの洛楽は日没までの5本のうち4本となりました。そのうちの1本目と2本目しか晴れずじまいでした。1本目も撮ったのは撮ったのですがまさかのLED換装の8009で撃沈。2本目の8007はヘッドライトも点灯させ通過しました。鳩マークも掲出し洛楽のヘッドを付けてノンストップのサボを掲げさらには前照灯まで付く姿、普通では鳩マーク以外はどれも特別なことがない限りではそう簡単に出すことはありません。往年のノンストップ特急が期間限定での復活。2年前に旧3000がいなくなった後を引き継いでいるかのような姿でした。8000はいつも走っている特急もいいですがこの姿でも中々様になっているものだなと思い撮影をあとにしました。
関連記事

種別灯と桜

DSC_1673[1]_convert_20150331001700
いつも懲りずのこの2225。もう3度以上は取り上げていますがお付き合いくださいw
今年一層、力を入れて撮影をしたかった満開との桜。しかし今年は天気がそれとは裏腹に晴れても何故か一日中晴れるどころか部分的にしか晴れることがなくもうほぼ不完全燃焼そのものになってしましました。ただどうしもて絡めたかったのは2225と桜のカットだけでもと。
夜に咲く桜はまた素敵ですがガイコツテールを装備した2225と絡められただけでも今回は良かったかなと。欲を言えば種別灯は付くので付けてほしかったり・・・と思いましたが普通でしたね。普通は種別灯は付かないので少々残念だったり。ただもう残された時間もそうないので仕方ないですね。
関連記事

古豪の通勤車

DSC_1576[1]_convert_20150326220632

DSC_1652[1]_convert_20150331001129
京阪には半世紀以上走りその一線で活躍をする通勤車がいます。
昭和59年に誕生した2000系を一部流用した形で誕生し本線ではまだまだ現役で走る2600です。2225を撮りに行った際に両者ともうまいタイミングで来てくれました。無骨なこの姿。形、姿こそは半世紀前の新製時とは少し変わってますが卯形型は未だ健在です。昔のように支線で走る4連や5連とはないですが本線で走る7連の姿はまだあります。日中樟急も入るならば狙いたいところですね。13000の新造や7200、9000の7連化により車両変動これから本格化するとなれば2600の0番台も総先は長くないのかもしれませんね
関連記事

塗り替わった姿を一目

DSC_4995[1]_convert_20141101183941
2011年のダイヤ改正前、阪和線での離脱を最後に吹田に回送され唯一、残されていた103-1。吹田総合車両所では毎度ながら一般公開で姿を見せていましたが今年の3/2にクモヤサンドにDE10に引っ張られる形で梅小路に持って行かれました。私はその時残念なことに所要で撮ることが出来ませんでした。しかしこの間知り合いと一緒に梅小路に行く用事が出来たため訪れてきました。
DSC_1734[1]_convert_20150405002609
ビフォーアフターのアフターと言える姿は国鉄時代に復元すると言う形に。この103も完全なるトップナンバー(実は2代目)とは言えませんが在籍期間が長かったモリ区での塗装と言えましょうか、姿そのものは初めて間近で見たときまるでタイムスリップしたかのようでした。表記も昔ながらの大モリ表記、床下も全検で上がったのように綺麗でした。ただ戸袋や非冷房という点は出来なかったのかそこまでは再現に至りませんでした。(クーラーもあるし戸袋も埋まっているからJRマークが消えているというのはさておいて)
DSC_1725[1]_convert_20150405002957
最初に来た時に偶然実現した並び。コチラも旅客、貨物で長年の活躍を見せているPFことEF65と並びました。この時は入れ替えで現れたため数十分すれば帰って行きました。屋内に入ればもう外には二度と出てくることがないと思われるため今、屋外で見られるからこその一コマかもしれませんね。
屋内に入ってからは整備されて博物館での姿もまた楽しみですね。
関連記事

色褪せても

DSC_1691[1]_convert_20150331231416
近鉄のミステリートレインとは話が逆転しますがJRの話題に。
ナラ支所では2年前に日根野より転属しそれ以降ずっとスカイブルーの塗装を身にまとうNS414。そのNS414が奈良支49Aに入りました。この運用に入ればこのシーズンでは京都側のクハを撮ることが出来るスジに入るため気合を入れ撮りに行きました。終始晴れてくれたため安心して撮ることが出来ました。2年前来たときの姿とは大きく変わり色褪せていたり錆び垂れがあったり塗装が剥げていたりとそれなりには外観から痛んでいるなぁ毎回乗るたびにそう思ってしまいます。検査的にはもうそろそろ時期を迎えるNS414。廃車という二文字は無くなりそうですが今回の入場で色が塗り替わるか、個人的には気になる点です。ただそれであっても頑張ってほしいものですね
関連記事

珍組成の珍経路運転

DSC_1712[1]_convert_20150403095855
昨日アーバンライナーplusの4連によるミステリートレインでの運行がありました。
数日前に知り合いからSNSで1通のメッセージが届き「ミステリートレインの運行が行われるよー」とのこと。撮るか撮らないか迷いましたがアーバンライナーplusでの4連運用で後ろに中間運転台の顔をしたUBがどうも繋がるそうでこの組成が見られるとなれば次はあるかないかと言われたため行くことにしました。
先日まで天気が6日連続で悪い予報でしたが2日のみ晴れ予報の模様で午前中はうまいこと晴れてくれてUC側のカットを撮ることが出来ました。しかしながら基本ながら貫通している姿と違いぶった切られた姿での運行はさぞかしどこか違和感を覚える光景だなと思いました。このあとも撮りに行きましたがどうも天候が崩れたり激パになっていたりとあまり撮れずじまいで晴れてまともなカットはこれだけに終わりました。全然行っていない路線はまた新鮮であり色々と久々に会う身内もいたので中々楽しい内容になりました
関連記事

夜の足音と共に

DSC_1672[1]_convert_20150331001453
日中急行の後、くずはモールでシュミレーターでグダグダした後、普通にバルブだけで終わらすのも味気なかったので夜からスナップを撮ろうというわけで枚方市に行きました。特徴あるガイコツテールが仕事から終えたサラリーマン、部活から終わった学生等々色々とこれからの帰路に着く乗客を見守りこれから終着駅に向かうまでの間、ガイコツテールを照らし続けます。
さてこの骸骨の余命もつい先日京阪の中期計画により13000の7連、2編成が発表されたため次こそ本当に落ちる時が来そうですね
関連記事
プロフィール

レトルトさん

Author:レトルトさん
通勤型主体に撮影。他も興味があれば何でも。更新頻度は低くなりつつありますがどうぞ宜しくお願いします

カテゴリ
カレンダー
03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示