FC2ブログ

密かに消えるもの

DSC_1208[1]_convert_20150308032334
ちょっとばかり思い立ったわけでこんな時間にブログ更新です。
そういえば広島の103系D編成にはどれもサボ受けというものが1両に1個存在します。広島の103であれば昔はB編成を中心にサボ受けはありました。今は広島の113系や九州の415系もサボ受けを見ることが出来ます。広島の103系D編成は実は103としては最後になるサボ受け装備の編成です。227系投入により103系が真っ先に消えるとなればこのサボ受けも同時にここから姿を消すことになります。昔から付いていたサボ受けも使われるいつしかは目的を失いながらもそれとともに広島で潮風に当たりながら一緒走ってきましたが密かに消えるときは少しずつ近づいているようです
関連記事

霧の中の後補機

DSC_1111[1]_convert_20150307123338
そもそも遠征の初っ端はコレを最初に紹介するべきだったかなとは思いますがそれでもちょっとは紹介しようかと。
広島に行けば西条までの区間では必ずと言っていいほど見ることが出来るEF67とEF210-300番台による後補機。67の0番台こそ全機離脱したものの100番台はいまだ健在です。夜行バスで西条に降り立ったその日の朝は数メートル先が見えないほどの霧でした。DSC_1112[1]_convert_20150307123422
今も働く赤い後補機の姿もいいものですが運転士さんも普段発生しないこの霧の影響で遅く発車していきました。ただ霧の中にいるEF67もまた幻想的なものでした。撮れる機会があれば貨物を押す姿も撮りたいものですね
関連記事

沈黙のクモヤ

IMG_1339[1]_convert_20150305132109
先日実施された103-1(旧HK603)による鉄道博物館輸送甲種での伴車として来たクモヤ145。最近は検査出場による伴車、本線試運転での伴車等で活躍を見せています。
ただそんなクモヤもやはり休みたいときはあるようで。普段走る姿とは違い音もたてずライトもつけないそんな無骨なクモヤもまたいいものです。普段見ることが出来ない夜に佇むクモヤの一枚でした
関連記事

今ある原型として

広島遠征も終わりいつも通りに更新を。
DSC_5284[1]_convert_20141123003619
2012年の暮れにK12編成の体質改善をさきがけに221が体質改善が始まり3年目。3年経つとやはりそのスタイルも大きく変わってくるものです。特に今あるアナログ運番を搭載しクーラーも変わらない221はもう半数を下回ってきています。今は体質改善されず運番も埋められデジタル運番に変わりクーラーも変わった221が現れてきています。幕は今ある幕は奈良支所の221は大半変更されてきています。今あるスタイルでの原型でのピカピカの状態はもう見られませんがそれでも全部が体質改善で変わる前に少しでも記録していきたいですね
関連記事

ゆうパック105

安芸幸崎での一枚を撮り終えその日は黒瀬川へ。(前に更新したばっかりなので画像は省略)
その次の日はどうもこう天候に優れなく午後も出撃するもミスるばっか。しかし午後を過ぎる頃、川重より227がA+Sで出てきたということで夜まで待つことに。お決まりながら暇つぶしはなんなりと自由にご飯を食べ頃合いを見計らいバルブを決行。降りてすぐに目の前にゆうパックが
DSC_1232[1]_convert_20150302022923
なんと2+2の組成になっているではないか。ゆうパックの4連はゆうパック自体が4編成がいないためコレが実現すること自体がそう簡単ではありません。さっきまで横にいた回送も抜け一枚。こう見ると前後のクーラーの違いであったり戸袋窓の形まで違うためいいものだと。次は地下鉄顔での姿も拝見してみたいですね。(227ですか?結局撮れずじまいに終わりました)
関連記事
プロフィール

レトルトさん

Author:レトルトさん
通勤型主体に撮影。他も興味があれば何でも。更新頻度は低くなりつつありますがどうぞ宜しくお願いします

カテゴリ
カレンダー
02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示