FC2ブログ

7000サザン

南海電鉄の中で高野線の6000とともにいる片ドアの通勤車の本線7000。
高野線の6000はアメリカのバット社のライセンスを受け東急車輌を受けオールステンレスの20m級の車体を持つ編成ですが本線の7000は帝国車輌、東急車輌、近畿車輌から製造され鋼製の車体となっている車両ですね。現在の南海本線用の車両としては使用年数が長い車両でもあります。
この間話していると南海の話になり知り合いに薦められその日、暇が空いた夜から少しだけ行ってみることに。
DSC_4599[1]_convert_20140929185812
というわけで岸和田でバルブ。
その前の日にも行きましたが撮影地のチョイスをミスったこともあってこれが2度目となった7000のサザン。本来はこれが普通の姿であったらしいサザン。今は8000と7100で運用に入ることが多く大体の運用でサザンは8000+12000か7100+10000でしか見ることが出来ないそうです。どうもこの7037は先週あたりに組成変更を行い今に至るそうで。片扉での通勤車が見られるのもここならではですね。片扉でのサザンもいいものだなと。
初めて南海に乗ってみたり撮ってみたりして調べてみましたがとても面白いなと感じた次第です。他にも7000を撮りましたがそれはまた後日にでも書こうかと
関連記事
スポンサーサイト

SV03営業始動

一昨年の10月に試運転を行いそこから大阪上本町-賢島間での運転を始めたしまかぜ。今年はどうも50000系がブルーリボン賞を獲得したそうで。
そして今年SV03が落成され早速京都線内での試運転を行った後京都線内でブルーリボン賞記念列車の団体が走るということでぶらりと
DSC_4452[1]_convert_20140920185439
一発目は回送で来ていたためロケハンしていると撮れる場所があったため高架区間から降りてきたところを面縦で一発。落成2年目にして初めてSV03・・・いや50000系自体を見ましたが他の車両とは違う独特な顔をしていました。これ後ろは団体用の「楽」と同じ形でガラス張りなんですね。いざ乗ってみると全体が見晴らせるとなると乗っても面白そうだなと。
そして顔の横にはブルーリボン賞記念のロゴが。まるで紳士みたいな感じでこれはこれでいいかも。
DSC_4454[1]_convert_20140920185541
2発目は近くの踏切より。遅切りましたがこう見てみるととてもデカいことがよくわかりますな。ダブルデッカーも京阪8000のダブルデッカーとかとは違い上下で窓の数も違うためこの部分も独特。そしてSV03はどうもSV01とSV02とは違い和式使用になっているみたいです。
そしてこの便はどうも報道陣向けの試乗会だったらしく新田辺で折り返し戻ってきて団体となったそうです(この後も撮りましたがカンも何も付かなかったことより割愛)
ついに走り出したSV03。京都賢島間によるしまかぜも1ヶ月を切り営業運転が待ち遠しいですね。これから独特の顔持ちをしたこの編成が走り抜けますがSV01やSV02にも走ってほしいような・・・?
関連記事

環状の人気者

6月初頭にモハの検査出場とともにFM802との提携連携によりOSAKAPOWERLOOPラッピングを換装することとなったLA3。そんなLA3ですがこの間ちょこっと大阪環状線に行ってきたため少しばかり報告をしていこうかなと。
DSC_4532[1]_convert_20140922190456
日曜日、大阪に行く用事があった私はその日のうちに17Mに入るとのことでその帰りに寄り道をして鶴橋で森ノ宮行きを撮りました。実は3月のダイヤ改正で平日土休日で朝夜含めて3本あったこの森ノ宮行きはこの夜の17Mのみに変わり少々撮りにくくなったイメージ。6月に出場したLA3ですが3ヶ月してやっと森ノ宮行きに入りました。これで出場後全ての運用に入ることが出来ました。他の103での森ノ宮行きも捉えていきたいところですな。
この運用が終わり入庫したLA3。私はこの後も追っかけ森ノ宮電車区に訪問。
DSC_4544[1]_convert_20140922190652
撮れる場所が限定されながらもこの夜は一足早くに引き上げたLA1と入庫したばっかりのLA3がいました。普段では環状線で離合を見せる103ですが森ノ宮電車区での並びは少々新鮮な気もします(笑)

そして今日運用通り02Mに入ったLA3を撮ることに。
DSC_4558[1]_convert_20140923163745
ようやく103-841側の方も撮ることが出来ました。それにしても向きだけで印象もガラリと変わるものですね。この時の福島はこれを狙うだけで10人はいました。やはり注目されているのだなと改めて感じました。今となっては人気者かな?
DSC_4353[1]_convert_20140830183247
前に撮ったLA3と並べてみました。本当にカラフルでとても目立つLA3。皆さんはどちらの顔が好きですか?
関連記事

京急DH02

この頃少し忙しい私。少し前の話題の報告をしておこうかと。

4月下旬から阪急に似たマルーンの茶色い塗装を纏いそこにラッピングを施行しお披露目の団体からデビューをしたDH02。ラッピングになる前には高安公開時の応援臨のモトサンドの挟まれ役に。
あまり知らなかったので知り合いに聞いていると「京都線にも入る機会はある」とのこと。それを待ち続けやっと1回目は台風の悪化であろうとも定時では運行したものの大雨の中で撮るのはと断念して2回目はそう遠くないうちに1回目と全く同じ運用に入り午後から一発だけ撮りに行きました。
DSC_4279[1]_convert_20140824211122
2度目でやっと仕留めたDH02のタテ急。露出も通過30分前からカツくなり露出調整で意地にでも上げないといけないためにシャッター速度を最低限までに下げで撮りましたが先行の普通の影響もありノロノロと来てなんとか(汗)
まあ率直に近鉄に茶色が入るとなると違和感そのものですね。側面は目立っていませんが実物を見るととても目立っています。違和感そのものですが昔はどこもこんな色をして走り抜けていたと思うと少し時代を感じると思う場面も。
京急はどこも逆光になるためこれはこれでいいかなと。次は奈急か天急で晴れカットが欲しいものですね
関連記事

2重車番

この頃は少し書くことが無くなった私。
ブログを立ち上げて半年・・・。過去の話を振り返るのは早いかもしれませんが少し振り返ってみようかと(少し前にしていたかな?)
DSC_0327.jpg
K25に26?ツッコミどころはもうそこしかないんですけどねw

なんでこうなった

実は今年の2月に3ドア実験のために平日に5日間限定で嵯峨野の221、日根野の225、ナラの221(いずれも編成は固定)が環状線に集結しました。そして嵯峨野の編成が不足するためナラの221の一時的なトレードでナラの221、NA412,413が嵯峨野、湖西線、草津線に入線しました。NA412はK26として、NA413はK25として一時的に貸し出されましたしかしこの情報を聞いた時「なんで番号が2つも」と失笑した覚えが
DSC_0325.jpg
実際に撮ってみました。まさに違和感そのものですが200番台の運番もまた出さないもので違和感ですね。
結局嵯峨野に入ったのは4日間だけで他は湖西線や草津線で走りました。まあ嵯峨野は土日も走り7日間別の路線を走り続けました。
このあと3ドア実験の結果は3ドアになりこういうことも二度とないものかなと。最後に・・・やはり違和感を覚える
関連記事

OSAKA POWER LOOP

6月のサハの検査出場でラッピングをすることになったLA3。
出場では人に被られてしまいましたが営業運転上ではまだバルブでしか記録していなかったため終盤に差し掛かった夏休みを利用し環状線に。
DSC_4353[1]_convert_20140830183247
この日内回りに入っていたため今宮で迎撃。
面が薄い時間帯に来てしまったためもう一回訪れたいものですがこう全体的に見るとよく目立つものですね。どうもこのラッピングは全国区(?)のラジオFM802とのコラボにより環状線を宣伝するような形になっているみたいです。こんなに目立つ103は当初のSA編成に施された時のUSJラッピング以来ではないでしょうかね。
LA3も目立っておりますが環状線に投入されるであろう323系が投入されると大きく変わる環状線。LA3もですが他の103、201も記録はお早めに
関連記事

C10HM最終日

7/1より湖西線が40周年を迎えヘッドマークを2ヶ月の公約でヘッドマークを付けることになった113。
103であったり京阪であったりと集中的に狙っていたせいか113を撮る時間が無くなり最終日ももう曇るなら家にいようと思っていましたが午後から天候も良くなりそうといことで草津線に。
DSC_4371[1]_convert_20140901112214
HM終了前、最後の草津線を走る湘南色のC10は柘植まで入るとのことで油日界隈まで出ることに。ちょうど時期となっていた稲穂と湘南色のショット。やはりこの色とはとてもマッチしますなぁ。全検後、初めて撮ったC10が最初はまさかこのカットからとは思いませんでした。後ろには一部入道雲もあり個人的に夏らしさが出たのではと見返して思っていました。
復路はボス雲にやられ撃沈。しかし最後くらいはという事でDSC_4372[1]_convert_20140901121952
湖西線の折り返し運用で終わりだったため京都でラストを。ただ明るい所で撮ってみるととてもカッコいいものですなぁ。出来れば編成で頂きたかったので少しばかり残念な部分もありますが次からノーマルの姿に戻るためノーマルの姿もしっかり欲しい所ですな。7月に全検を受けとても綺麗なっているC10。当分は注目の存在となりそうです
関連記事
プロフィール

レトルトさん

Author:レトルトさん
通勤型主体に撮影。他も興味があれば何でも。更新頻度は低くなりつつありますがどうぞ宜しくお願いします

カテゴリ
カレンダー
08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示