FC2ブログ

生え抜きメルヘン

DSC_1532.jpg
踊り子を撮った週末、1度関西に戻ったはずなのに2週間後には関東に戻ってきていました。イベントがあった為、関東に来て知り合いと飲み会。次の日はこれを撮ろうと既に考えていました。武蔵野線の205系。

前日は雪に見舞われた関東平野。朝から雪は降るわ降るわと大騒ぎになり、イベントが終わった夕方からもまた降り出す始末。少しは雪があるかもなんて淡い期待を持ち、飲み会直後、ネカフェに入り熟睡。翌日はそのまま始発で向かいます。それにしてもこの日は凄く寒かったです。冬は光線が低いのはいい事なんですが、それに引き換え寒い方が凄く嫌な私にとっては移動中の身に染みる寒さが地獄のようなものでした。夜明け前から立ち位置も右往左往としながら日の出を迎え、ようやくポジションも定まったところで撮り始め初っ端に来たのはメルヘン顔の205系。雪が残る中でかっ飛ばす姿が印象に残っています。

この後も上手い具合に今がいいバランスに撮れる武蔵野線。総武緩行線から来た209系とE231系もカッコええものですが、やはり初っ端に来たメルヘン205系がダントツで良かったです。このスカートなしのメルヘンは武蔵野線生え抜き編成。スカートを履かない通勤車も思えばココだけですかね?
スポンサーサイト

石橋最上段俯瞰

DSC_1420.jpg
三島二日市ストレートの後はどうやら車で東海道線の俯瞰に行くとの事。午後の東海道線で踊り子を撮る俯瞰となれば撮ってる人にはお馴染み、石橋俯瞰です。「富士山を綺麗に撮れる日は今日だけやぞ」という知り合いの言葉はそっちのけ、水平線を綺麗に望むこっちが寧ろ好都合。箱根駅伝で物言わす箱根の峠道を小一時間爆走するとあっという間に、以前LSEを極めた風祭を過ぎ、住宅街を縫って石橋最上段俯瞰に辿り着きました。崖から撮るアングルもあれば、小さな空き地を利用する2択。着いた時の海の広さには凄い感動しました。

もちろん、こんなに晴れていれば一日中、雲が湧く日がないのが冬の関東。あっさりとストライプの踊り子を難なく頂くことが出来ましたとさ。

田京俯瞰

DSC_1332.jpg
皆さん大好き流行りの被写体。昔も今も悪い訳では無いのに今じゃ中国バリのパクリの影響もあってかあんまり好まれない傾向にあります。
が、今回は撮りたいので撮ってきました。日帰り踊り子ツアー。もちろんこれが初めてではない185系の踊り子。馬入川の踊り子も仕留めているし、LSEでまともに撮れる場所が無かったり、そもそも動かない日にはすぐに転戦が出来るので優先順位からすれば低い方でありました。が、被写体事情が変われば話は別。去年の10月にLSEが引退した事により神奈川の方で残すは江ノ電305かこの踊り子くらいとなったわけです。そんな今回、全く足を踏み入れることすらしなかった区間、伊豆箱根鉄道にやってきたわけです。
最初のうちはどこに行こうか迷っていたところ、伊豆箱根鉄道に行こうという誘いに乗り、朝には根府川から見える日の出を眺めつつ、三島まで。この日午前中行くアングルは修善寺に近い田京の空地俯瞰から。来て早々にショベルカーが邪魔だとほざくものの、遠いところから来た以上は帰るわけにもいかず、1時間弱滞在。綺麗に晴れた富士山と青空の元、午前中に下ってくる修善寺行きを捉え、別の場所に移動しました。

キムワイプと青髭

DSC_8291[1]

DSC_8292[1]
初めて新潟に行きました。

仕事が終わりぶらぶらとコミケへ向かう予定だった朝、知り合いから急遽、車を出して欲しいとの速報。行先は新潟。「いくらなんでも遠すぎる」と半ば諦めのやる気スイッチが押されようとしたその時、「キムワイプカラーが午後に下るし弥彦線に入る臨時には青髭が入る」とという事。ササッと仕事を切り上げ、前日に支度していた機材を速攻で入れ替え一路新潟へ。
さっきの文とは矛盾するんですが行きたいなぁという妄想話で終わっていました。が、いざ辿り着くと第一印象は田舎。着いた撮影地もどこかにあるような田園風景。最初はそんな田園風景でキムワイプカラーを迎え撃つとの事でした。着いた時刻も時刻でキワキワな時間に着いた為、練習電は1本のみであとは幾度となく来ていた撮影者のノウハウを聞いて、それを頼りに構図を組み立てます。本命は何とか晴れて1枚。その後は上手いこと行くこともなく連れられていった弥彦入線で青髭を撮りお開きとなりました。
何もかもが知らない状態だったのですが、全く分からない土地を知る楽しさを久々に実感しました。シングルアームは昔の方々の写真を見てると惜しい点ですが、現代ではそんな贅沢な事は通用しないですし、凄く今になって行きたいと思える場所がまた一つ増えました。キムワイプと青髭、初見でしたがハマりそうな雰囲気です。

踊り子115号@馬入川

DSC_2099[1]
長いこといた関東も何回か往復していると行って回数なんぞ比にならないもんでこの日も仕事の為、関西に戻るリミットが迫ってきました。さて最後のシメは何しよう。そう思っていると知り合いから185踊り子のお誘いが「まーた踊り子か」ななんて思っていましたが時にはこんなことも悪くないというわけで一緒に同行。さてそんな185ですが終日15連といえばずっと撮っていると分かるのですが踊り子115号がその15連のスジ。定番処である東神奈川カーブに並ぶもう1つの撮影地が茅ヶ崎にある馬入川の下段アングル。
2年前、ストライプに変わる185が多かった時代、湘南ライナー14号の折り返しで混色の湘南ブロックが混じり1/5の確率での組成という条件に負けてしまった撮影地。ようやくストライプ全てが揃いそんな事も考えずに撮れる時がようやくやってきたと思えばこれほどアツくならない〆はない。という事で立ち位置も大きく変えてスタンバイ。結果は澄み渡る空に響いたモーター音を轟かせていく185を見届けたのでありました。〆にはちょうど良かった踊り子115号でした。

後から数えると3月現在で既に上京してる回数は7回。恐ろしいったらありゃしませんがこれだけ行けば行ってる回数も回数なだけに分からなくなるのも理解出来るお話なのかもしれません。
プロフィール

レトルトさん

Author:レトルトさん
通勤型主体に撮影。他も興味があれば何でも。更新頻度は低くなりつつありますがどうぞ宜しくお願いします

カテゴリ
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示