FC2ブログ

6102F

DSC_1744[1]
日本の地下鉄の魁となっている営団地下鉄もとい東京メトロ。
民営化のニュースは最近大阪市営地下鉄が民営化の発表があったばかりですがこちらはもう数十年も前に民営化済み。東京の旅客として始まった現:東京メトロ銀座線の浅草~上野が始まりですが民営化の末期に共にいた車両はというと置き換えの煽りを受けています。紹介した銀座線も今年の3月には引退。03系も5ドア車が東武線の渡瀬まで廃車回送が続いていますが千代田線系列も数を減らしてきています。千代田線・小田急線・常磐線を走ってきた6000系も2年前の16000系の再増備も始まり数は3編成までに減少。今年の5月には無線変更の関係もあり、ついには小田急線に入れなくなってしまい、残りは千代田・JRのみ。
その中で仕事終わり、家に帰や否や、予約をしていた夜行バスで一路東京まで。朝の目的は色々とありましたが千代田線を撮る事に目的地到着30分前に起きていつもチェックしている掲示板で何が入っているのかを確認。今日の13Sに6102F。小田急線は入らずにJRと千代田線のみの中即、撮影地に直行し何事もなかったかのように撮影を終了。(この時常磐快速線が目の前まで来ていて肝を冷やしたのはここだけの秘密)

この6102Fもかなりの長生きモノで(2017.8/5現在)3編成のうちの1編成がこの編成。初期型という事ですがいまじゃ落ちていても致し方ない編成。あと3本も増備もあと少しというところまで来ておりますが2017年度で増備終了の報が来ています。民営化世代の車両、どれもあまり古さを感じさせる事のないデザインの車の当分、変遷は止まりそうにないですね。
スポンサーサイト



10-300R

DSC_1067[1]
2月は関東に長期滞在する期間がありました。
こちらの用事もありカメラを触る期間は今回はそんなに長い訳ではありませんでしたがその中でも一際注目していた都営新宿線。引退が宣告されていた10-300Rは都営の計らいもありラストランのステッカーが貼られる事に。これにはいてもたってもいられずどこかで撮る機会がないかと伺いました。
そしてその用事が終わり運用と睨めっこすると夜の運用に入るということででバルブ。今まで迎光号でのHMを見る度に昔のデザインからするとあまり宜しくなかった風に思いましたが今回は小さいながらも結構カッコイイステッカーは目を引かれるものがありました。

既にこの記事を書いている時には引退していますが独特のスタイルに明朝体のLEDフォントは厳ついものがありました。

本厚木準急

DSC_0479[1]
去年のメトロのダイヤ改正でどうやら通称(?)本厚木準急やらが数十年ぶりに復活を遂げたみたいですね。淘汰が進む6000系ですがどうやらこの本人も以前から撮っている知り合いの熱に圧倒されいざ撮ってみるとこれがカッコイイもので行っては6000と睨めっこをしたりしています。そんなこの改正の枠では遅くまでその本厚木準急が残っており残念ながら小田急4000の枠はないものの233や16000、6000もこの本厚木準急に充てられる事があります。むしろ233での本厚木準急ってのもかなりの違和感ものではありますがやっぱり営団時代の生き証人の6000は入るだけでも注目してしまいます。(インドネシアに行く前の6108編成の田窓本厚木準急は撮りたかったもので)

この日は最後の本厚木準急に6120編成が入りました。営団時代から変わることのなかった6000ですがニュータイプの16000の増備も気づけば最終段階まで来ており廃車等々でもう10本もいない6000ですがどれだけ記録を残すことが出来るやら。

市交車急行

DSC_0447[1] (1)
この日の午後どうやら晴れていた関西圏。どうしても撮りたくなり久しぶりに狛田のストレートに足を運びました。
近鉄京都線の中には京都市交の車も急行運用に充てられますが運用は実を言うとさっぱりさっぱりで昔にラッピングトレインが走っていた際は1日ごとに運用が上がっていたりしていましたがそれもだいぶ前の話で全くの状態。その為、調べても直通する列車は分かれど車両はその時次第というわけです。
その日待っていると後期車がよく来たため来ないかなぁと思っているところ、ようやく前期車での急行を捉えることが出来ました。後期車よりも前期車の方が厳つい印象の為自分は好みですがこの10系前期車も果たしていつまで走るのでしょうか。

イメージスタイル

CSC_0524[1] (1)
帝都高速度交通営団(営団地下鉄)時代の血族といえる01系。公表された内容では3月にはこの銀座線に顔を現すことがなくなるそうです。
小さい図鑑を眺めていた頃、まさに四角そのものの典型的な車両にデカい車体というインパクトがあり銀座線といえばこの車だという印象がありました。しかし2012年の1000系の置き換えに伴いこの01系が居なくなるのも時間の問題という事で11月足を運んだ際、銀座線に足を運びました。この日、渋谷駅線路切り替え工事に伴う終日運休の兼ね合いもあり溜池山王~浅草間のピストン運転、青山一丁目~表参道によるピストン運転が実施されました。浅草~渋谷間は実際、1時間近くもかかるため折り返しの溜池山王ならそう時間もかからないだろうと前より気になっていた田原町に足を運ぶことに。
銀座線には鉄筋がむき出しになっている箇所が点在している場所でもありその中でも田原町は鉄筋で仕切られている駅でもあり一目置いていた場所でもありました。待つこと数分でかつて図鑑の中で想起していた01を昔からの馴染みある跡と共に撮ることが出来ました。
それにしても何度か通うことがあった銀座線ですが行かぬうちにあれよあれよと数を減らし1000系主体で動いているをの見て間もなくこの銀座線から営団の名残と言える車両が消えるのも近くまで来ているかも知れません。
プロフィール

レトルトさん

Author:レトルトさん
通勤型主体に撮影。他も興味があれば何でも。更新頻度は低くなりつつありますがどうぞ宜しくお願いします

カテゴリ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示