FC2ブログ

あれから1年

DSC_8679[1]
丁度1年前の10月5日、103系で最後の初期型であったNS401が廃車回送されました。

103系といえば昔は色々なバリエーションが富んでいてさらに数も総数でいうと3000両近い数が最大で製造、改造で生まれ全国区で多かったわけです。しかし数が少なくなればその注目は瞬く間に変わり、一時は最後の初期型の103系に何十人も集まったんだとか。今では車両のやり繰りの兼ね合いで奈良区には2編成の103系が残っていますが、そうなる前の段階で話を聞いていた私は少し暇があれば追っかけていました。その中でも気になってはいながらも、レンズが足りなかったりそもそも暗所に弱いところでノイズばかりになるなぁと敬遠していた場所。1年の歳月をかけて変えた機材で揃えたんだから最後の機会にと思い立ち、暗闇に浮かび上がる一灯型を後ろから見送りました。

この1ヶ月後、NS401は吹田へ廃車回送。その日は夜勤勤務明けで疲れていた事もあり、見送る形は取れませんでしたが、写真のNS401も含めて各所で色んなところで撮っていたなぁと振り返る今日この頃です。あと2編成いる103系も205系に混じって走っていますが1日でも多く走って欲しいですね。
スポンサーサイト



スターターキット ¥1000-から

DSC_4155.jpg

DSC_4417.jpg

DSC_4477.jpg
とある頃を境に大車輪の活躍を見せるサロンカーなにわ。今では個人団体や旅行会社のおもちゃではなく貸切に引っ張りだこなこの車両。5月の中旬、お召車両関連にて京都鉄道博物館に展示されるとの事で何枚かまとめてみました。

最初の送り込み。
聞いた当初、夏だから何処も彼処も面が当たらないというなんとも撮り鉄泣かせな時間でやってくるらしく、考えに考えた末に流し撮りしてやろうという結論に。島本駅傍の道から何本か練習撮りをして流したカットが連結面。今じゃこんな1,2両だけの配給紛いはないからいいのですが、もう少しシャッタースピードは落とせたし連結面って流したらほんとに微妙。展望車だとたかくくったらこうでした。まあ運転手も窓開けてるし初夏らしいのかな?

展示
どうやらテールサインがお召の時に使われたものを出すらしくこれを眺める為だけに鉄博へ。色々な角度から見ましたが写真的にはこれだけ。

返却回送
またもや午後設定。これなら日は高いけど撮れるという事で高橋川踏切より北側に行ったところで待機。知り合いとたまたま遭遇し、いかにもプラレールで売っているスターターキットのような組成で登場しました。お値段は¥1000-からですかね(笑)

より原型に近いアイツ

DSC_2710.jpg
和歌山線と桜井線をメインに走る105系。細かく見れば常磐緩行線にいた頃の証として地下鉄顔があったり、現存している103系にはない戸袋窓を付けていたりと原型に近い姿を留めています。

普段は2連で走ることが多い105系ですが、4連のバージョンもあります。その中の1つでもある424Tは朝早いシーズンにはもってこい。このスジきっての有名場所でもある大和新庄のストレートがシーズンインをした為、組成を確認して仮眠のち先程のストレートへ。

組成もグロベンクーラー統一とかAU75クーラーとかいう拘りを持って撮影する人はいますが、そういう拘りは全くなく、まずは撮ってみようというスタンスで挑んでみると、これまた先頭は変わり種の分散クーラー車、SW010。やはり奇形種だからかこれ狙いで来てる人もいたくらいでした。それでも引退されるという告知があった割には4人程度で済んだこの場所。103系だと平面顔で面が陰るものですが幌があるので、半面光になったのも相まって望遠構図で切り取ることが出来、満足のいく結果になりました。それにしてもずっと103系を追ってきたわけだから今になって言うのもなんなのですが、何故今まで撮らなかったんだろうと少しばかり思う節もあるわけです。後回しにし過ぎるのも問題ですね・・・(笑)

サロンカーなにわ カミヨド鉄橋

DSC_9954_01.jpg
秋になってから週末は走っているサロンカーなにわ。
11月の下旬には去年同様の倉敷までの大サロの設定があるとの事。ただ大サロは良いがクリアテールとなったEF65をどう調理しようと考えた末に遠目に撮ってみるという選択肢へ。とそんな事を知り合いと遊んでから機材を取りに家に帰り、そのまま就寝。翌朝は眠い目をこすりながら始発で関西屈指の有名撮影地、カミヨドへ。何度も走っているペアだからかそこまでの人手ではないという事で撮りたかったポジションにはすぐにスタンバイ。淀川の傍で撮る為、寒さが身に染みたが練習電で調整。次第に定番側の堤防はふと見上げると人だかりが出来ている中、下段は数人が疎らに散らばり各々の立ち位置で迎え撃ちます。もちろん、8:00前には無事に裏被りすることなく通過しました。
オーソドックスなペアだからこそ、何度もやると飽きるとも考えがちですがやはり撮りようなんだなーってふと考えながら新幹線へ乗り継ぎました。

死んだと思ったら

DSC_9152[1]
環状線、阪和線にあれよといた103系が引退して、そこから阪和線にいた205系が奈良支所に転属し次々と廃車回送されていく103系。その煽りは奈良線にも波及し、一度は6月上旬に廃車回送されたと思った編成がまさかまさか帰ってくるとは思いませんでした。
奈良支所221系が2本網干に里帰りする為、103系/205系の運用が増えた事に伴い、6月の廃回をした日から1週間後、そのまま車籍を置いていたNS409が奇跡の復活を遂げました。向日町からの廃車回送をする為に付けられた幕をそのまま、奈良支所に持っていき整備して復活を遂げました。

ゾンビや棺桶からの出戻りという話題が多い中、新しい車両の煽りを跳ね除けて帰ってきたNS409。次に奈良を離れる時こそホントの最後ですがまだまだやりたいことは残っているのでクリアしていかないと。
プロフィール

レトルトさん

Author:レトルトさん
通勤型主体に撮影。他も興味があれば何でも。更新頻度は低くなりつつありますがどうぞ宜しくお願いします

カテゴリ
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示